製品検索

製品カテゴリー

トップお知らせ > 最新 UNIX サーバ "SPARC M12-1" が発表されました

最新 UNIX サーバ "SPARC M12-1" が発表されました

M12-1

富士通から、エンタープライズサーバの高い性能、信頼性を実現する1Uサイズの高密度エントリーサーバ " SPARC M12-1 " が発表されました。
特徴は下記となります。

・世界最高クラスのコア性能を実現する「SPARC64™ XII」プロセッサを1CPU搭載。
・1コア単位での拡張によるスモールスタートが可能なため、優れたコストパフォーマンスを発揮します。
・中堅企業の基幹システムや、大企業の部門用アプリケーションサーバなど、企業のあらゆる業務に対応します。

・コア性能を強化した高性能プロセッサ「SPARC64™ XII」採用
・高密度設計によりコンパクトな1Uサイズを実現。最大6コア、48スレッドを搭載
・CPUコア アクティベーションによる柔軟なリソース追加が可能
・仮想化機能を標準搭載し、サーバ統合を実現
・メインフレームの高信頼性技術を継承
・Webブラウザから装置の監視・制御が可能

こちらの機種ですが、弊社にてお求めいただけます。
価格・納期につきましてはお問い合わせ下さい。

※最新機種ではなくなりますが、SPARC M10 シリーズにつきましても引き続きお求めいただけます。こちらの機種が必要なお客様は、ご相談下さい。



掲載日:2017年08月08日